Sufjan Stevens来日公演

22日火曜日は、大学で補講をやった後にSUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーブンス)の来日公演へ。
800px-Sufjan_Stevens_playing_banjo_edit2.jpg


入り口で見富さん(だんな)に偶然出会い、中でも芸大時代の教え子や、チェロの青弦くんなどとも遭遇。でも最初一緒に行く予定だったタカシとは混んでいて遭遇出来ず。
ライブはすごく良かった。正直、ライブ中は混み過ぎで会場の環境に疲れてしまったが、おわってからジワジワと来ている。
とにかく声が良いのと、パフォーマンスの安定感が抜群。CDではほとんどの楽器を自分で演奏して多重録音しているということで、ライブはどんな編成でやるのかも気になっていたのだけど、ブラス4名+ドラム+ベース+ギター+チェレスタ&ギター+本人という特殊な9人編成だった。曲のほとんどが3拍子だった(たまに2+3=5拍子とかで4拍子系がほとんどなかった)のもマニアックな視点ながら興味深い。あと、wikipediaでは、Steve Reichの音楽の影響が指摘されているけど、言われてみるとミニマルな展開やモーダルな感じの曲があったりたしかにライヒに近いかも。
客の1〜2割がガイジン。しかもほとんど全員が白人。デトロイト出身なのに、音楽に黒っぽい要素がほとんどないせいか、バンドメンバーもお客も白いかんじか。
ライブの後ここ数日、Greetings from Michiganを良く聞いている。アルバム通して聞ける良作。ぜひ、またもう一度ライブで見てみたいアーティスト。

Greetings from Michigan: The Great Lake State Greetings from Michigan: The Great Lake State
Sufjan Stevens

Spunk 2003-07-01
売り上げランキング : 2894
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools