what you see is what you hear (2003)

DSC00025s.jpg
■概要:
音がひきおこす、視覚の変容。
この作品は、聴覚と視覚とがそれぞれ別々に時間処理を行っているために起こる現象を用いています。
音によって目に見えるものが変わってしまう、そんな体験を通して、自分の中においてすら時間が一様ではないとことと、人間が<現実>だと信じ込んでいるものが、実はいかにいい加減か、ということを体感してもらえればと思っています。


■展示:
2003.03 時間旅行展 (日本科学未来館)
2004.03 時間旅行展 (上海科技館、上海、中国)
____.10 時間旅行展 (Trompo Magico Museo Interactivo, Jalisco,Mexico)
2005.03 時間旅行展 (山口情報芸術センター)
____.07 時間旅行展 (佐賀県立宇宙館)
2006.02 Exploration of Time! (The Palace of Culture and Science,Warsaw, Poland)
2007.04 ランドセルミュージアム (日本科学未来館)
■クレジット:
コンセプト(*)/瀬藤康嗣 [flow] 展示デザイン/田中陽明 [flow] Ladan Shamsによる論文”What you see is what you hear”に基づく
http://neuro.caltech.edu/%7Elshams/Nature-reprint.pdf
DSC00033s.jpg