公共ホールの政策評価―「指定管理者制度」時代に向けて

41376SDQ5CL._SL160_.jpg公共ホールのアイデンティティーとは? 公共ホールに求められるアカウンタビリティとは? ——文化施設の実地調査にもとづき、公共ホールの総合的な評価指標を開発。さらに、地域貢献的な文化活動を推進するための公共ホール運営のあり方を提言する。
書名:公共ホールの政策評価 ー「指定管理者制度」時代に向けて
監修:中矢 一義
著者:佐藤望,石井明,猪俣正幸,瀬藤康嗣,宮田昌子
出版社:慶応義塾大学出版会
刊行日:2005.10
ISBN:4-7664-1220-6 / 222ページ


コメント:
私は第4章『公共ホールにおける住民参画運営と市民参加公演』(pp.99-146)を担当しています。