インターネット時代の音楽著作権と収益モデルの検討:『弱い著作権』の音楽情報財の収益モデルを巡って

瀬藤康嗣, 丹羽順子: “インターネット時代の音楽著作権と収益モデルの検討:『弱い著作権』の音楽情報財の収益モデルを巡って”, 文化経済学4(4), 文化経済学会<日本>, 2005年。
概要:
インターネット時代に適合した音楽著作物のビジネスモデルの提案を行う。そのため、著作権の中でも財産権よりも人格権を優先する『弱い著作権』の可能性について検討を行った。その結果、『弱い著作権』の音楽情報財を無償で流通すると、著作権の『弱さ』ゆえに容易かつ広範囲に流通するのでプロモーション効果が上がり、またコンサートなどの補完財との抱き合わせにより収益をあげられることを確認した。
Abstract:
The purpose of this paper is to suggest a business model suitable for the era of the internet. For this, we examine the possibilities of distributing free music protected by weaker copyright, which accords moral rights priority over property rights. As a result, we testify that weaker copyright has promotion effects because information is easily and widely distributed among people, and it is possible to make profits with complementary goods such as live concert tickets.

pdf.jpg

PDFファイルをダウロードする