2015年08月


2015年08月18日

Residence at Chocolate Factory Theatre, NYC

IMG_0573.JPG2週間弱のニューヨーク滞在を終え、先ほど帰国。2017年3月に公演が決まっているChocolate Factory Theaterで、公演の1年半も前に滞在制作ができるという贅沢な機会。コアメンバーのUrsula Eagly、Martin Lanzに加え、ダンサーのMina Nishimuraをはじめニューヨーク在住のドラマトゥルク、ダンサー、ミュージシャン、照明家をコラボレーターに迎え「何を、どうやって作るのか」という基本的な部分からオープンに議論しながら、実際に劇場で実験しながら素材づくり。来年も滞在して制作を進める予定です。
今回は普段のニューヨーク滞在よりも時間的余裕があり、NY郊外の巨大ギャラリーDia Beaconに足を運び、Dia ChelseaではLa Monte Young《Dream House》を爆音で初体験、MoMA PS1 の中庭でMoritz von OzwaldのDJ(ライブじゃなく残念)も初体験、チェルシーに移転した新しいWhitney Museumでの20世紀以降のアメリカ美術の大きな流れを提示する展覧会《America Is Hard To See》を半日かけてじっくり見るなど、内容の濃いインプットも出来て満足の行く滞在でした。