2015年04月


2015年04月25日

《SELF MADE MAN MAN MADE LAND》メキシコ公演

pocajita2-01.jpg昨年10月のマケドニア公演で出会ったメキシコ人アーティストMartin Lanzの招聘で、まずUrsula Eaglyとの作品《SELF MADE MAN MAN MADE LAND》を、メキシコシティで公演します。この作品も2012年の初演以来ロングランになりつつあります。
そして今回のメキシコでのレジデンスを皮切りに、メキシコシティ〜ニューヨーク〜鎌倉の3箇所でレジデンスを繰り返しながら作品を制作し、2016年夏〜2017年春にかけて、この3箇所で公演を行う予定で、今回は素材集めのためメキシコシティでフィールド・レコーディングをしたり、現地の音楽家たちとセッションとレコーディングをする予定です。
ヨシコチュウマとの縁でNYのアーティストたちと繋がり、そこからマケドニア→メキシコと芋づる式でご縁が広がっています。ルートカルチャーをはじめて9年。当初思い描いていたような海外ネットワークの広がり、そして鎌倉の中でのネットワークの深まりが実現し始めて、近頃ますます楽しいです。