2019年12月30日

Upcoming Events

↓ 今後の活動予定 ↓

* Mar 2020
《大気の入り江》in Mexico

* Oct 2019
《大気の入り江》 in Yokohama

* 19th May 2019
イベント「コ々 絶対 世界?」
逗子文化センター さざなみホール
フル草津(瀬藤康嗣+三浦秀彦)によるフルクサス作品の上演

2019年04月17日

フル草津 190519 @ 逗子文化プラザホール

《大気の入り江》などでご一緒している三浦さんとのデュオ「フル草津」で、小杉武久・ジョージ・ブレクトらフルクサス作品などの上演をします。

フル草津

三浦秀彦と瀬藤康嗣による即物的でシンプルな意味や解釈を限定しない「出来事」を奏でるユニット。美術や音楽、詩などの広い領域にまたがる1960年代の芸術運動「フルクサス」の作品を主にモチーフとしている。

https://www.facebook.com/events/648891372211095/

socochanel_panph0412b.jpg

続きを読む »

2019年03月24日

HOLY SML @ THE BANK

View this post on Instagram

今晩、鎌倉のバーTHE BANKでDJをやります。 鎌倉でホーリーバジルを育てているロマーナ・ケイコちゃんの作品展示&販売会で、ケイコちゃんが育てているホーリーバジルを@yumind_saito が撮影し、@kakuro_s がホーリーバジルで草木染めした阿波和紙に、@naomi_kazama_art が写真をシルクスクリーンでプリントし、その紙をつかって財布・カバンなどに使えるバッグ上に仕立て、@paradise_alley_breadのパンで作られたカタカムナ文字と、バッグをモビールにしてインスタレーションとして展示していて、そのモビールの下には、香りの高いホーリーバジルの枝が敷き詰められています。 依頼された音楽のテーマは「心躍る、宇宙の調和」ということで、バッハから、コルトレーンやフライング・ロータスまで選曲しつつ、20〜23時はDJとして現場でミックスしたいと思います。24日も展示がありますが、こちらはオープンしている10時間のプレイリストを作る予定です。 あいにく天気が悪そうですが、気持ちの良い空間に鎌倉の仲間が一同に会する楽しい一夜になりそうで楽しみです!

setohさん(@setoh)がシェアした投稿 -

2019年02月13日

ダンスとコンピュータミュージックの夕べ [2019/3/8]

190308Ferris.jpg昨年の公演の第2弾。僕がこれまで作ってきた音楽に、バレエとダンスの先生方が振り付けるという企画が3/8(金曜日)にフェリスホールで行われます。
8チャンネルのスピーカーに加え、紙切れ、ピンポン玉からパイプオルガンまで使って、大胆な音の遊びをしますので、ぜひお越しください!

2019年3月8日(金)19:00開演(18:30開場)

フェリスホール
(フェリス女学院大学山手キャンパス)
神奈川県横浜市中区山手町52
Google Map: https://goo.gl/maps/cZvgqjz77PL2

●音楽・サウンドデザイン
 瀬藤康嗣
●演出
 乃羽ひとみ
●振付
 乃羽ひとみ / 伊藤麻子
●出演
 伊藤麻子 / 志摩李々子 / 田澤眞帆 / 南原望亜

●入場料
 全席自由1,000円/高校生以下無料
 オープンカレッジ生・卒業生500円
 *本学学生・教職員 無料

●お問い合わせ・チケット予約
 フェリス女学院大学 演奏委員会室
 TEL.: 045-681-5189(月火木金10:00~17:00)
 Email: concert_office@ferris.ac.jp

主催:フェリス女学院大学音楽学部(企画:音楽芸術学科)

大気の入江(2018.10 @ 逗子 FLANK)

Photo by Yumi Saito

View at Google Photo: https://photos.app.goo.gl/325hAJkimBJrHYz28


2018年10月25日

コロカル:インタビュー掲載

コロカルにインタビュー記事が掲載されました。自分でも懐かしい話から、今週末の「鎌倉 海のアカデミア」の事までインタビューをしていただきました。
鎌倉に住んで20年以上、ROOT CULTUREが立ち上がって12年。改めて振り返る機会をいただいて、たくさんの仲間と共に歩んできたこと実感します。
tpc-thi-kamakura-006-main.jpg

2018年10月11日

鎌倉 海のアカデミア 2018 開催

10/27-28「鎌倉 海のアカデミア」開催です。27日は朝から地引網@坂の下海岸、午後はプラスチックによる海洋汚染へのさまざまな取組を紹介&議論するセッション@光明寺、28日は朝から塩炊き&日没に合わせて塩炊き踊り@材木座海岸、両日とも色んなアーティストたちによるパフォーマンスやワークショップ@光明寺など盛りだくさんです。もちろん鎌倉界隈の名店によるマーケットも有り。ぜひ皆様お越しください。
今回のメインビジュアルは、漫画家の五十嵐大介さんが描き下ろしてくださいました。
_academia2018_final.jpg

2018年08月26日

メキシコ公演を終えて(2018.08)

31a492b7-d7d1-4ba7-8e3b-e930d810b9ed.jpg
 メキシコから帰国しました。2016年から行ってきた《Piece with gaps for each other》の公演を、当初から鎌倉→NY→メキシコでやるつもりだったのですが、それが無事に叶いました。あと、レコードのリリース記念イベントも行ってもらいました。

IMG-2963.JPG

続きを読む »

2018年06月30日

自作楽器「響筒」をもちいた楽曲@サントリーホール

36321469_1859875617405153_6117189119304007680_n.jpg

サントリーホールで、自作楽器を使った楽曲の演奏がありました。東野珠実さんの作品「響波樂」で、ホールの前後左右に配置された6台の楽器「響筒」が鳴り始めると驚きで会場がざわめき、空間の中で音が波のように満ち引きするような興味深い効果を出してました。

36270612_1859875570738491_6752628426940612608_n.jpg

2018年05月09日

大気の入り江:御礼

IMG_1521.JPG
5/3-5は《大気の入り江:お茶とリスニングインスタレーション》を大いに楽しみました。

日常生活の中のちょっとしたすき間から、非日常の世界に飛び込んでいくような実験的な試みでしたが、沢山の方に体験いただき、大きな手応えがありました。体験した方からは、こんなフィードバックを頂きました。

『自然のアンビエント・ミュージックだった。現代的な、日本らしい風流な音遊び。』
『音にとって大切なのは内容ではなく、音の聴き方なんだと思った。音の聴き方を整えてもらって、しみじみと音を聴き込んだ。』
『茶道とか、香道とか、日本の古くからある文化のような、あたらしい「道」を感じた』
『とても気持ちよく、いつまでも居たい空間』
『すばらしくおもしろかった。気がついたら1時間たっていた。瞳や耳、鼻の奥を指でつつかれたり、思いでにふけったり、木の実、にがい味、湯気、ひかり、石、水の揺れ、外と内の入れ替わり。良い予感のする、とてもすてきな時間をすごした。ひとつひとつの動作を思い起こす。それはなつかしく、幸せな気持ちをよびおこした。どうしてだろうと考えると、子どもの頃していた世界をさぐる実験そのものだった。』
自分たちが意図していた以上のさまざまな感覚を共有してもらい、終わった後の会話も毎回とても楽しかったです。今回の体験を踏まえ、秋以降にまたお披露目できればと思っております。有難うございました!

続きを読む »