2015年12月30日

Upcoming Events

↓ 今後の出演予定はこちら ↓

続きを読む »

Session with Andrés De Robina (151017 Mexico City)

2015年11月20日

「株式会社鎌倉」を設立しました

DSC_7923.JPG11月19日、パブリック・ベンチャー・カンパニー「株式会社鎌倉」を設立し、その記者発表を行いました。これまで3年ほど地道に勉強会を続け、シンポジウムも数回開催し、そうするうちに人の輪が広がっていきました。そして、いろんな課題を具体的に解決していくうえで会社が必要だろう!ということで、一念発起して皆んなで出資し立ち上げに至りました。
行政や民間企業が手がつけられないような、未開拓で公益性の高い領域にチャレンジする会社ということで「パブリック・ベンチャー」という新しい概念を掲げています。「鎌倉」ブランドを活かしたサービスや商品づくりを内外の企業と連携しながら進めて収益を上げ、その収益は公益性の高い文化芸術・環境・交流などの未来の仕組みづくりに投資することで、さらに「鎌倉」をより面白くより良い街にし、「鎌倉」のブランド価値を高めていこう、というのが狙いです。
昨日設立されたばかりで、まだウェブもないですし、相手先との関係もあるので具体的な事業の公表はこれからになりますが、オープンマインドで実行力のあるメンバーが各分野から揃っているので、鎌倉から、ワクワクするような、そして世の中の役に立つような取り組みを手がけていきたいと思っています。
ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

続きを読む »

2015年10月30日

Mexico: Laboratorio Condensación

12088404_990486351010755_3246506120910734149_n.jpgメキシコから帰国しました。今回はLaboratorio Arte Alamedaで開催されたLaboratorio Condensaciónというフェスティヴァルで、Andres De Robinaとのライブを行い、ワークショップに参加しました。
前回5月はいきなり食あたりにやられてボロボロだったけど、今回は一緒にライブをしたアンドレス邸に滞在させてもらい、奥さんの手料理を頂いていたおかげで幸いお腹を壊すことなく、というかむしろ日本よりも体調良いくらいで過ごせました。
メキシコ、アメリカ、イタリア、ブラジル、プエルトリコ(+日本)からのアーティスト12人が集まっていたんで全員が理解できる共通言語がなく、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語(たまにドイツ語)でお互い翻訳しながらやるんだけど、結局は身体を動かしたり音を出す行為が一番理解しやすかったり、説得力があったりして、とにかくも充実の楽しい10日間でした。

2015年09月23日

花音:鶴岡八幡宮奉納公演

148A6574.JPG

148A6538.JPG

148A6860.JPG

PHOTO: Ryosuke Kikuchi

2015年09月13日

花音:益子土祭公演

IMG_7302.jpg

IMG_7324.jpg

IMG_7378.jpg

Photo: Tsutsumi Yano

2015年09月04日

ルートカルチャーmeets鶴田真由《花音》最終公演

mayusan.jpg  「ルートカルチャー meets 鶴田真由《花音》」最終公演のお知らせです。鎌倉での公演は鶴ヶ岡八幡宮での奉納公演ということで、かなり気持ちが引き締まります。
 13年5月に北鎌倉・浄智寺で初演したこの作品ですが、伊勢神宮奉納公演〜別府〜伊勢二見浦〜佐川美術館での公演を経て、9/13-14の益子・土祭での公演、そして9/23秋分の日の鎌倉・鶴ヶ岡八幡宮での奉納公演をもって最終公演と相成ります。
 鎌倉での奉納公演は、立ち見は無料ですが、お席を希望される場合はクラウドファンディングiikuni経由でのご支援をお願いしています。残りわずかとなってきているので、ご興味のある方はお早めにお申込みください。また益子公演は土祭のホームページからお申込み頂けます。

photo: Masanobu Seike
■iikuni : ルートカルチャー meets 鶴田真由 「花音:カノン」 最終公演となる鶴岡八幡宮での奉納公演を成功させたい http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknU0523682

■土祭2015:花音
http://hijisai.jp/program/program16/

 音楽の方は、鎌倉公演では笙奏者の東野珠美さんと、益子公演ではクラヴィコード奏者の内田輝さんとの共演です。それぞれに違う内容で並行してリハーサルをしていますが、一流の奏者との共同作業はとっても楽しいです。

2015年08月18日

Residency in Chocolate Factory Theatre, NYC

IMG_0573.JPG2週間弱のニューヨーク滞在を終え、先ほど帰国。2017年3月に公演が決まっているChocolate Factory Theaterで、公演の1年半も前に滞在制作ができるという贅沢な機会。コアメンバーのUrsula Eagly、Martin Lanzに加え、ダンサーのMina Nishimuraをはじめニューヨーク在住のドラマトゥルク、ダンサー、ミュージシャン、照明家をコラボレーターに迎え「何を、どうやって作るのか」という基本的な部分からオープンに議論しながら、実際に劇場で実験しながら素材づくり。来年も滞在して制作を進める予定です。
今回は普段のニューヨーク滞在よりも時間的余裕があり、NY郊外の巨大ギャラリーDia Beaconに足を運び、Dia ChelseaではLa Monte Young《Dream House》を爆音で初体験、MoMA PS1 の中庭でMoritz von OzwaldのDJ(ライブじゃなく残念)も初体験、チェルシーに移転した新しいWhitney Museumでの20世紀以降のアメリカ美術の大きな流れを提示する展覧会《America Is Hard To See》を半日かけてじっくり見るなど、内容の濃いインプットも出来て満足の行く滞在でした。

2015年07月25日

長谷寺での展示

IMG_4825s.jpg
IMG_4820s.jpg
鎌倉・長谷寺からの依頼で製作した風鈴が、現在展示中です。
夏の時期に涼感が得られるような音の展示をしないかというご相談を頂き、何度か長谷寺に伺ってリサーチをしたところ、毎朝のお勤めで観音様の前で唱えられる聲明のベースのピッチが「ミ」で、また年中行事の中で僧侶が笙を演奏する機会があるという話を伺ったりして、「ミ」を基音とする笙の和音「乙」が鳴る風鈴を製作しては、と提案をさせて頂き今回の展示となりました。
長谷寺といえば観音様が有名ですが、観音様は人々の祈りの声を逃さずお聞きになり衆生を救ってくださるということで、皆さんの祈りを風鈴の音に乗せて観音様にお届けしようと、蓮の花びらを見立てた「散華(さんげ)」に祈りの言葉を書けるようにしていただきました。昨日見に行ったら国際色豊かな長谷寺らしく、日本語だけではなく英語、フランス語、タイ語、???語などで書かれた祈りの言葉が書かれた色とりどりの散華が風に揺れていました。「世界平和」の言葉がいくつか見られたのも印象的でした。
予定では9月の連休ごろ(9/23)まで展示をしているということなので、鎌倉にお越しの際には是非お立ち寄りください。
http://www.hasedera.jp/2015/07/998/

2015年05月04日

公演終了

11052470_887117508014307_1648696934055875157_n.jpg食あたり、高山病(メキシコシティは標高2200m)、時差ボケの三重苦を乗り越え、なんとか公演終了