Life


2015年08月18日

Residence at Chocolate Factory Theatre, NYC

IMG_0573.JPG2週間弱のニューヨーク滞在を終え、先ほど帰国。2017年3月に公演が決まっているChocolate Factory Theaterで、公演の1年半も前に滞在制作ができるという贅沢な機会。コアメンバーのUrsula Eagly、Martin Lanzに加え、ダンサーのMina Nishimuraをはじめニューヨーク在住のドラマトゥルク、ダンサー、ミュージシャン、照明家をコラボレーターに迎え「何を、どうやって作るのか」という基本的な部分からオープンに議論しながら、実際に劇場で実験しながら素材づくり。来年も滞在して制作を進める予定です。
今回は普段のニューヨーク滞在よりも時間的余裕があり、NY郊外の巨大ギャラリーDia Beaconに足を運び、Dia ChelseaではLa Monte Young《Dream House》を爆音で初体験、MoMA PS1 の中庭でMoritz von OzwaldのDJ(ライブじゃなく残念)も初体験、チェルシーに移転した新しいWhitney Museumでの20世紀以降のアメリカ美術の大きな流れを提示する展覧会《America Is Hard To See》を半日かけてじっくり見るなど、内容の濃いインプットも出来て満足の行く滞在でした。

2015年05月02日

MEXICO DIARY #1

IMG_4409.JPG荷造りが終わったのが出発30分前。メキシコ人コラボレータのMartinから「Andreasってやつの家に泊まることになるから」と連絡をもらったのが出発前日。何の心づもりもなく19時間かけてメキシコに到着。到着早々、ローカルなレストランでタコス、美味と噂のオアハカチーズ、さらにサボテンやらをご馳走になり、特に期待せずAndreas邸に着いたらそこはゲストルームが6つある豪邸。しかもAndreasはレーベルオーナーで録音スタジオ付き、というゴージャスな環境。早速Andreasとセッションをして打ち解け、最高なメキシコ滞在が始まったんですが、、、
2日目、どれか食べ物が良くなかったのか、猛烈な腹痛と水下し、さらに発熱もして辛い。。。3日目、Martinのお母さんのかかりつけの病院に連れて行ってもらったら、日本人女性の鍼灸師とメキシコ人男性の医師の夫妻がやっている病院で、鍼灸とマッサージを受け、軽い抗生剤をもらって最悪の状態からは脱出。未知の土地で、日本人から鍼灸と診察を受けられて、この上なく救われた気分。
2日間の断食から、先ほどようやく食事を再開。Andreasの奥さんはヴェジタリアンで、腹痛にはGreen Pearが良いわよ、と差し入れてくれたり、Ursulaも人参スープを見つけて差し入れてくれたり、身体は辛いながら心優しいアミーゴたちに助けられて過ごしています。
結局、今日のリハは休んで明日がぶっつけ本番。舞台の世界で本番前に、フランス語で「Merde(くそったれ)」とか英語では「Break a Leg(脚を折りやがれ)」とよく声を掛けますが、まさに本番前にケチがつきまくったので、本番はきっとうまく行くでしょ!と開き直り中。

続きを読む »

2010年01月01日

新年初富士

年末は早めに神戸に帰省して、Uターンラッシュを避けるべく元旦に鎌倉へ移動。関ヶ原のあたりで積雪のため、新幹線は徐行運転で30分ほどの遅延、アンラッキーと思っていたら、静岡で見事な富士山。ちょっと得した気分。

みなさま本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2009年12月02日

shining

091201.jpg家の窓からの眺め。毎朝イチョウが黄金色に輝いている。

2009年02月17日

材木座でワカメ拾い

IMG_1067s.jpg材木座にワカメが漂着中!という噂を聞いて、散歩がてら拾いに行ってみた。浜一面に打ち上げられたワカメを拾っている人たち。なかでも、柔らかくていかにも美味しそうなのを選んで拾うといいらしい。
IMG_1066s.jpg前日から波が良くて、材木座はヒザ〜モモくらいだけど、由比ケ浜ではハラ〜ムネくらいあったので入りたかったけど、まだ風邪の病み上がりなので断念。

続きを読む »

2009年02月11日

前田富士男先生の退官記念講演会

CA390064.JPG先日、大学時代の恩師である前田富士男先生が定年を迎えられ、退官記念講演会がありました。

久しぶりの師のお話のテーマは『建築と色彩を結ぶモルフォロギー:ゲーテ自然科学と差延(Abeweichen)の様式論、そして近現代美術の表相性』。

続きを読む »

2009年01月26日

もうすぐ梅が満開

IMG_1007s.jpg昨年は11月くらいから忙しくて、年が明けてからも原稿とか申請書の〆切が1/15までに4つ重なってしまって、ずーっと〆切に追われ続けてきましたが、最後の原稿が入稿できて、ようやく落ち着いてきました。

そんな間に鎌倉に春の予感が。家の庭の梅のつぼみが膨んで可憐な花を咲かせてます。今週中にも満開になりそうな気配。そろそろ鎌倉は梅の季節になりそうです。



090125.jpg週末は久しぶりにがっつりサーフィン。金曜日の夕方になって波が良くなって来て、由比ケ浜でモモ〜コシくらい。日曜日も夕方に由比ケ浜へ。風が強くて面がガタガタだったけど、モモ〜コシでたまにムネくらいがブレイク。2時間くらいで体の芯までガチガチに冷えたけど、どちらも鎌倉にしては人が少なめだったので思う存分乗れて満足。

今年も健康で良い波に乗れますように!

tumblrをはじめました

setoh_tumbler.jpg去年からやってたけど公開し忘れてました。

気になった記事とかのクリックボード替わりにつかってる感じですが、良かったらRSS登録しておいてください。

http://setoh.tumblr.com/

2008年07月28日

生まれました!

harutsugu.jpg先週の7/20に男の子が生まれました!周りの友人からは、僕に似ているということで不評ですが、想像以上にちっちゃくてカワイイです!

名前は敏嗣と書いてハルツグといいます。これからの人生、どうぞ仲良くしてやってください。よろしくお願いします。

2008年07月07日

犯罪者の98%はパンを食べている。

連続ポスト。

結構有名なジョークらしいが、知らなかった。秋葉原の事件を受けて、下らない規制がいろいろ進みそうなのがもっと恐い。パンを規制せよ!!!!

  • 犯罪者の98%はパンを食べている。
  • パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である。
  • 暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
  • パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
  • 新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
  • 18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。
  • パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない。

詳しくはwikipediaのDHMOの項目を参照。

久しぶり日記:キツツキの来襲

久しぶりのポストです。

6月はしんどかった。仕事も忙しかったのですが、例の秋葉原の通り魔事件の被害者の一人が、東京芸大での助手時代の学生さんで、事件自体にも非常にショックを受けたし、また事件に関連していろんなテレビやネットの情報を見すぎてしまい、それもあってかなり凹んでました。先月は他にもいろいろとあったけど、とにかく『自分はとても恵まれているんだなぁ』という感謝の念を忘れず、前向きにやっていくしかないな、という気分です。

さて最近面白いことがあって、自宅の窓にやたら小鳥がぶつかりそうになりながら飛んでいるので心配していたら、どうやらその小鳥はキツツキの一種(コゲラ)で、何を思ったかうちの壁に穴をあけて巣を作ろうとしていました。

先日は朝の5時半から家の壁(というか窓のサッシ)を猛烈につつきまくってたので、思わず録音。今日は来なかったから、さすがに諦めたかな?

コゲラが我が家に穴を掘ろうとする音.mp3

2008年03月22日

ジャガイモとヤーコンの植え付け

080321_0.jpg鎌倉山の畑で生意気たちの手伝い。こちらの畑ではパーマカルチャーの考えに基づいて、食べれるジャングルをつくろうとしている。

続きを読む »

2008年03月21日

Severn Suzuki国連地球サミットでのスピーチ。

シンプルな主張に感動。

現在、彼女は大人となり活躍中とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/セヴァン・カリス・スズキ

2008年01月26日

2007年度の講義終了

2007年度の講義がすべて終わった。

年が明けてからなんだか急に忙しくなって、ブログを書く時間が取れなかったんだけど、22日に補講をやって今年度の全講義が終わった。これから試験やレポートの採点、科研費関係の仕事、現代GPのイベント運営、2月からは入試が待っているのだけど、フェリス2年目の講義がすべて終わったのは、とにかくうれしい。

21日はComboPianoの渡邊琢磨さんがゲスト講師として来てくれて、彼が手がけた映画音楽について話をしてくれた。『コンナオトナノオンナノコ』の監督の冨永昌敬さんもゲストで来てくれて、2人の対談はかなり貴重で刺激的な内容だったのではないかと思う。

あまりにバタバタしすぎていて、ほとんど告知が出来ず残念。。。。。

とりあえず1月のピークは一旦過ぎ去ったので、ブログもちょこちょこ書いて行きたいと思っています。

2007年11月04日

天ぷら油でDJ

ecodj.jpgフェリスの学園祭の中で、エコキャンパスプロジェクトの佐藤輝先生と音楽イベントを行いました。

フェリスの緑園キャンパスにある学生食堂から毎月40リットルの廃食油がでます。この廃食油から精製したバイオディーゼル燃料で発電機を動かし、学内イベントなどで有効利用しよう!ということで、まず今回の企画では僕がDJをやってみました。

続きを読む »