大気の入り江(2019秋・横浜)

 昨年、逗子で春と秋に開催した、お茶とリスニングインスタレーション《大気の入り江 Atmosphere / Sound》。
 ご体験いただいた皆様から大変好評をいただいたものの昨年の場所が使えなくなり、新しい場所探しと調整に時間が掛かってしまったのですが、縁あって横浜で場との出会いがあり、10月に開催できることになりました。https://peatix.com/group/78101
(満席となりました)

IMG_1221.jpg


IMG_1433.jpg

■■■大気の入り江 Atmosphere / Sound(2019年秋)■■■

《大気の入り江》は、音、匂い、気配、時の流れなどを五感を使って茶会のように体験する、 リスニング・インスタレーションです。

◯会場:白楽の家(旧市原重治郎邸・横浜市認定歴史的建造物)
神奈川県横浜市神奈川区白楽118
東急東横線白楽駅 徒歩1分

◯日時:2019年10月12日(土)〜14日(月・祝) 
13:00〜 14:30〜 16:00〜

◯注意事項:
開始10分前までにお集まりください。
プログラムは、60分程度となります。
各回4名まで(小学生以上)

◯料金:自由料金(ドネーション制)

◯お申し込み:下記サイトからお申込み下さい。https://peatix.com/group/78101
一回4名しか体験できない作品のため、ご都合が悪くなられた場合は、キャンセルのご連絡を事前にいただけますようお願い申し上げます。

◯アーティストプロフィール(五十音順):
杉本 格朗 Kakuro Sugimoto
漢方家(杉本薬局3代目)。1982年生まれ。漢方薬局に生まれ、大学でテキスタイルデザインや現代アートを学ぶ。漢方相談を行う傍ら、東洋医学と生薬を研究し、治療と創作の両面で、制作やワークショップ、講演などを行っている。クラシックな漢方を現代に合わせながら、坂本龍一氏主宰「健康音楽」や「Japan House London」でのプログラムなど、国内外のイベントに参加。G20大阪サミット「配偶者プログラム」にて漢方監修を担当。著書「鎌倉・大船の老舗薬局が教える こころ漢方」

瀬藤 康嗣 Kohji Setoh
サウンドアーティスト。1973年生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻を卒業後、同大学湘南藤沢キャンパス(SFC)大学院でコンピュータミュージックとメディアアート制作を学ぶ。NYのコンテンポラリーダンスシーンに関わりながら数多くのダンサーに楽曲を提供しているほか、楽器の制作、映像作品や博物館・美術館展示のサウンドデザインや選曲を手がけるなど、音を媒介とした活動を国内外で行なっている。NPO法人ルートカルチャー理事長。フェリス女学院大学音楽学部准教授。http://setoh.com/

三浦 秀彦 Hidehiko Miura
デザイナー。Cloud Design 代表。1966年岩手県生まれ。ヤマハ株式会社デザイン研究所勤務後、1997年渡英、ロイヤル・カレッジオブアート(RCA)でロン・アラッドやアンソニー・ダンに学ぶ。2000年クラウドデザイン設立。 家具、プロダクト、空間、グラフィック等のデザインの実践と実験を行っている。また、地形や大気、聴くことを軸に身体で関れるインスタレーション作品の制作を続けている。http://www.hidehiko-miura.com

アカンパニスト:難波 祐子 Sachiko Namba

プロデュース:瀬藤 康嗣 Kohji Setoh

写真:Yumi Saito

IMG_1790.jpg